ありがとうございます! (1 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...
スポンサーリンク

神様の箱 第?話 騎士の忠義

神様の箱

「上手ク、いっているだろうカ」

言葉を発したものは憂いていた。ここにはいない者と、大事な宝のことに対して。

襤褸のローブを身に纏い、フードを深く被っているため表情はわからない。

そして、それは一つではなかった。同じ格好をした姿がいくつもある。

「問題なイだろう。あの方ノ末裔だ、ヨく似ている」

「私は、似テいるからこそ心配だ。主ハお転婆であったからな」

「ダが、より洗練さレてもいる。ただの素養だったものが能力にマデなっている」

「ここの空気に晒されテ、五千年だ。当然の変化といエる。遅いくらいデはないか?」

「そうかモしれない。しかし長い時ダ。我々ハ限界が近い」

「もう代替品も無イ。なぜこうなるまで、主の血族を見つけられなかっタ?」

「それハどうしてもわからなかったことだ。ある時を境に痕跡が消えたノダ」

「この世界ノことなど、五千年経ってもわからないコトのほうが多い。想像できないことが起きても不思議でハない」

「しかし、不幸中の幸いダ。見つけられた上に、素質は申し分なイ」

「継承権も、持っているのはあの者だけダ。必ず、覚醒させるだろウ」

「ソうだ。二つに分かたれていたことは想定外だったガ、それも機能の一つダ。問題ないだろウ」

襤褸の群れは口々に言い、自分たちの最後の役目に想いを馳せる。

顔はおろか、素肌も見えないその様子は未来の無い浮浪者のようだが、その声音には高潔な信念と志が宿っていた。

「やることは変わラない。我ラ近衛兵、主へ恩を返せなかった無能だが、朽ち果てる前ニ宝を返還いたす」

もう託し終えた。あとは見守ることだけ。行く末を見届け、動かなくなるだけ。

襤褸たちは静かに待つ。至宝が、主人の血族の下へ還ることを。

ありがとうございます! (1 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...
タイトルとURLをコピーしました